ウイスタリアのピアノ日記 ♪音楽を楽しもう♪

ウイスタリアピアノスタッフによるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本古来の大工道具を使っています。

ウイスタリアピアノでは、ピアノ弦を張る作業の時、世界中のドイツ製、アメリカ製のワイヤーカッターやペンチを使ってから、かえって日本古来の大工道具を使用しています。

ワイヤーを切る金切(カッター)は、日本古来からのものは、持つ柄が長く少ない力で太いピアノ線を楽に切れるので使用しています。

ペンチも、日本製の矢床(やっとこ、ペンチ)は、楽に力が入れやすくピアノ弦のコイルを押さえるのに使用しています。
工具は一番使いやすい、一番丈夫な道具が良いです。



金切
金切



矢床
矢床


スポンサーサイト
[ 2016/09/05 15:33 ] 修理 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。